仮想通貨(暗号通貨) コインチェック NEM(ネム)

2018/1/26 コインチェックGOX NEM(ネム)不正送金事件の時系列・記者会見まとめ

2018/02/01

こんにちは、しん@crocoffeeです。

昨日、2018/1/26コインチェックで、約5億NEM(ネム)の不正送金(時価総額580億円)のハッキングによる盗難がありました。

この界隈でよく使う言葉でいわゆるGOXしたということになります。

今回の件について、事実を元にまとめていきます。

スポンサーリンク

コインチェック不正送金事件 時系列

1/26 2:57頃

【コインチェック】不正送金の発生(正確な時間は調査中)

1/26 11:25

【コインチェック】NEMが異常に減っていること、不正送金を検知

1/26 11:58

【コインチェック】NEMの入金停止

1/26 12:36

【コインチェック】NEMの売買停止

1/26 16:37

【コインチェック】JPY含め全通貨の出金停止

1/26 17:26

【コインチェック】BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止

1/26 18:54

【コインチェック】クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止

1/26 20:08

メディア、ユーザーがコインチェック本社前に集まりだす。

1/26 20:52

NEM財団からフォークをしない方針と発表

1/26 23:30

【コインチェック】記者会見発表

動画1

動画2

コインチェックの記者会見内容

被害総額は?
→526,300,010XEM(時価総額580億円)

原因は?
→外部からの不正アクセス。アクセス元が国内か海外かも含めて調査中。

NEMは戻ってくるのか?
→送金されたアドレスは判明している。追跡は可能で調査中。

NEMはマルチシグに対応していたか?
→ロードマップに対応予定はあったが、システム的に難易度が高く、技術者人材不足で、マルチシグの対応をしていなかった。ホットウォレットだった。

他の通貨(の管理)については?
→ビットコインは、コールドウォレットとマルチシグでの管理。
イーサリウムについては、マルチシグの仕組みはなく、コールドウォレットで対応していた。

NEM以外の追加についてはのハッキングは?
→他の通貨については、ハッキングは確認されていない。

NEMはハードフォークは行いますか?
→NEM財団は「ハードフォークしない」と確認済み

顧客への保障は?
→お客様の資産保護を考えて、NEMも含めてどのような形(円またはNEM)か対応を検討中。

復旧の見通しは?
→原因を調査しないと目処は未定。ビットコインの売買は可能。

金融庁の登録のみとうしは?
→登録ができる目処で事業を行っているが、金融庁が決めることでわからない。

マルチシグができていなかったということは、セキュリティが甘かったのでは?
→セキュリティは可能な限り対応していた。

事業を継続できますか?破綻も考えられますか?
→事業は継続する方向で考えています。

月々の利益、資産データの開示は?
→株主を含めて相談し、公表するか検討していきます。

株主構成は?

外部の第三者からホワイトナイトのような提案はありますか?
→現時点で声はかかっていない。また、そこまで議論していない。

顧客のNEM以外の仮想通貨、円の毀損の可能性もあるのでしょうか?
→顧客資産の保護を一番と考えて検討中。守られるかどうかは100%の保障はできない。

NEM財団からどんなサポートがありますか?
→今後の対応方針の公表は相場にも影響があるため、差し控えさせて頂ければと思います。

今回のハッキングは、どこの取引所でも起こりうることでしょうか?
→原因がわかり次第、報告します。

最悪のケースは?
→顧客の資産が毀損し、お返しできない可能性があります。

相場

BTC(ビットコイン)

ニュースが出るごとに126万からじわじわと下げましたが、17時をピークに急下降しその後、ヨコヨコで推移。

NEM(ネム)

ビットコインと同様の動きでした。

報道

墨汁うまい氏によるまとめ

コインチェックはネム($XEM)を取り戻せるのか?過去の事例から行う分析

いままで仮想通貨で起きたGOX事件を含めて、今回の件の考察がまとめられています。

【悲報】「サンタヌルー」ヒマになる

風が吹けば桶屋が儲かるではないですが、GOXすると暗号通貨界隈の聖地「サンタヌルー」はヒマになるとオーナーからの嘆きが。。。

感想

僕は今回たまたまコインチェックには、仮想通貨を置いていませんでしたので、助かりました。

ですが、他の取引所にはトレード用に数BTC置いている状況です。

以前から古参勢の方が口酸っぱく言われていたこと
「取引所には資産を置くな」
が身にしみました。

毎日頻繁にトレードしていましたが、どこの取引所でもいつGOXするかわからないことを考えると、取引所にはもう大金置けないですね。

また、もし取引所に置いていた場合ですが、初動 今回であれば、「11:58のNEMの出金停止」で全額出金は可能でした。NEMも円やBTCに変換すれば出金可能でした。

「取引所に何かおかしな動きがあれば、すぐに出金」

これがリスク回避になります!!

 

また、コインチェックについては、事件が起きたことは非常に残念ですが、事件が起きてからわずか半日で記者会見を開いたことは真摯な対応だと感じます。

暗号通貨業界のためにも、この事件を踏ん張って欲しい。

ユーザーさんへ全額返金できるように事業継続、頑張って欲しいです!

引用元、参考情報など

コインチェック「【重要】NEMを始めとした取扱通貨について」
https://coincheck.com/blog/4671

コインチェック ツイッター
https://twitter.com/coincheckjp

コインチェック プレス
http://corporate.coincheck.com/2018/01/26/29.html

コインチェック
http://corporate.coincheck.com/

NEM公式
https://nem.io/

※NEMの仮想通貨名は、NEM(ネム)ですが、通貨単位名はXEM(ゼム)です。

-仮想通貨(暗号通貨), コインチェック, NEM(ネム)
-, , , ,