仮想通貨(暗号通貨) ハードウェアウォレット TREZOR(トレザー) MONA(モナ)

TREZOR(トレザー)とelectrum-monaで、モナコインを管理する方法

こんにちは、しん@crocoffeeです。

今月からzaifでモナコインを積み立て始めました。

以前monaを持っていたときは、「monacoin coreウォレット」で管理していましたが、ブロックチェーンの同期が必須で少々手間があったのですよね~。

ですが、今は同期が不要で軽いウォレット「Electrum Mona」があります!!

しかもTREZORと連携できるなんて素敵。

早速ですが、「Electrum-mona」をダウンロードして使ってみることにしました!

本記事では、「Electrum-mona」にモナコインを送付するところまで説明していきます!

スポンサーリンク

Electrum-monaをダウンロードする

https://electrum-mona.org/

Portable version(japanise)を選択してダウンロードします。

このexeファイルがウォレット本体です。
(インストール専用のexeではありません。)

ウォレットを起動するときは、これを起動します。

ダウンロードフォルダではなく、適切な場所に移動しておきましょう。

Electrum-monaを初期設定する

まずは、TREZORをパソコンに接続しておきましょう。

「Auto connect」を選択して、「Next」をクリック

"default_wallet"
のままで大丈夫です。

「Next」をクリック

「Standard wallet」のままで大丈夫です。

「Next」をクリック

今回は、TREZORと連携しますので、
「Use a hardware device」を選択します。

「Next」をクリック

TREZORのウォレット名が表示されます。

「Next」をクリック

TREZORを見ながらPINを入力します。

デフォルトで、「Legacy BIP44」が表示されています。

そのままで、
「Next」をクリック。

そのままで、
「Next」をクリック。

これでウォレットが起動しました。

TREZORとの連携完了です!

日本語化 設定

初期設定が英語表記でしたので、日本語化しておきます。


[Tools]-[Preferences]を選択


[Apperarance]タブをクリックし、
一番上のLanguageのリストから"Japanese"を選択します。

この後、再起動すると日本語メニューになります(^^

受け取りアドレスの確認

[請求]タブをクリックすれば、自分のアドレスが表示されます。

早速、テストで少額で送信してみました。

数分ですぐに着金!

まとめ

結構簡単でしたね。

これでモナコインをハードウェアウォレットで管理できます。

今までのモナコイン coreウォレットだと、起動してから全ブロックチェーンの同期が完了するまで待つ必要がありました。

使えるまで2~3日必要だった記憶があります。

「Electrum-mona」は、ブロックチェーンの確認を外部にゆだねることにはなりますが、ブロックの同期を待つ必要がありません。

またTREZOR内でmonaコインが管理されるので、mona専用の秘密鍵も管理する必要もありません。

「Electrum-mona」を開発された@WakiyamaPさまに感謝です。

以上、

「Electrum-monaを使って、TREZOR(トレザー)でmonaコインを管理する方法」

でした。

脇山珠美ちゃんかわいい

TREZORの購入方法はこちら

TREZOR(トレザー)を海外公式から購入する方法(2018年度版)

 

-仮想通貨(暗号通貨), ハードウェアウォレット, TREZOR(トレザー), MONA(モナ)